cookingyuko > スペシャルレシピ

酵素で肉を柔らかく ミオラ

固いお肉を簡単にやわらかくする方法。酵素の力で肉を柔らかく、旨みアップ

お肉を柔らかくする方法 ミオラ  
材料
<ふりかけ法>
 
肉100gに対して 1g
<浸漬法>  
調味液に対して 05~1%
 
何故やわらかくなるの?
酵素の力で肉を柔らかくして更に旨みアップ。
ミオラは振りかけるだけで、魚肉、豚肉、鶏肉、魚肉、モツを柔らかくします。
成分のパパインはパパイヤから、ブロメラインはパイナップル由来の成分、果物の成分で肉をやわかく、おいしくします。
             

固いお肉を簡単にやわらかくする方法

<ふりかけ法>
本品は、酵素の作用により・牛肉・鶏肉・魚肉の両面にまんべんなくふりかけます。
標準使用量は生肉100gに対して本品1g(1%)の割合でご使用ください。
参考レシピ やわらかカジキの煮付け

<浸漬法>

調味液またはタレに肉を漬け込むときは、本品を調味液にとかしてからご使用ください。
標準量は調味液に対して0.5~1%です。
参考レシピ 柔らか豚肉の味噌漬け
             

主な使用方法

内 容 肉 厚 使用量(生肉100g) 処 理 方 法
牛 肉 厚切 1.0~1.5g ふりかけ後約30分放置(常温)
牛 肉 うす切 1.0g ふりかけ後約10分放置(常温)
豚 肉 厚切 1.0g ふりかけ後約10分放置(常温)
牛・豚 挽き肉 標準使用量の1/3~1/4を混ぜ合わせ約30分放置(常温)
鶏 肉 厚切 1.0~1.5g ふりかけ後約30分放置(常温)
各種モツ 中切 2.0g ふりかけ法か浸漬法約2時間放置

             

使用上の注意

・上記用途以外には使用しないで下さい。
・誤って目に入った場合は、水でよく洗い流してください。
・長時間使用した場合、手をよく水で洗い流すことをおすすめします。
・開封後はフタをしてください。
・本品で処理した肉を通常(調理場)で2時間以上放置しないでください。
 軟化しすぎる恐れがあります。柔らかくなったら冷蔵庫(5℃以下)に入れて保存してください。
・本品で処理した肉は加熱処理してください。
成分重量%
トレハロース---67% パパイン---0.5%
グアーガム---0.1% 食品素材---32.4%

スペシャルレシピ